南接骨院+鍼灸院
appleアイコン

南接骨院+鍼灸院

南接骨院

接骨治療

急性・慢性の関節や筋肉のケガや痛みの治療を行っております。
日常生活でのちょっとしたことから起こる腰痛やギックリ腰、寝違いなどの筋違いやスポーツなどでの関節や筋肉、腱などのケガや痛みなど関節や筋肉を傷めたのでは?と思ったらご相談下さい。また、交通事故でのむち打ち症、ケガの予防やスポーツコンディショニングなどの施術も行っております。
捻挫・打撲(打ち身)・挫傷(肉離れ)および骨折・脱臼の治療を行っております。
※骨折・脱臼につきましては、応急処置後の通院や骨折・脱臼のリハビリには、医師の同意書が必要となります。詳しくはお問い合わせ下さい。

保険適用は急性のケガや痛みが対象となります。
慢性痛、予防、コンディショニングは自費施術となります。

南鍼灸院

鍼灸治療

はり・灸治療は、経絡、経穴(ツボ)を刺激して施術を行うとてもシンプルですが、自然治癒力を促し回復力を高める治療です。日常生活での寝違え、ぎっくり腰、腰痛、肩こり、五十肩、神経痛などカラダの痛みけでなくスポーツ障害・傷害による関節痛、腱鞘炎、筋肉痛、むち打ち症などのケガの治療・予防や体調管理としてのコンディショニング、疲労回復を目的としたリラクゼーションなど症状や目的に合わせて選ぶことができますので、お気軽にご相談下さい。

鍼灸治療は自費施術となります。

保険施術と自費施術

check_box保険施術

接骨治療では健康保険・自動車賠償保険、労災保険などを使っての施術が受けられます。保険使用には、適用範囲があり捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼などの急性のケガが対象となります。
捻挫・打撲(打ち身)・挫傷(肉離れ)というとスポーツでのケガは当然ですが、普段の生活の中でちょっとしたことで関節や筋肉に痛みを感じたら関節や筋肉を傷めている可能性があります。転ぶ、ぶつけるなどのはっきりとした原因が無くても捻挫や挫傷は起こりますので、関節や筋肉に痛みを感じたらご相談下さい。

急性の関節や筋肉のケガや痛みが対象となります。

保険治療では受傷日、受傷の原因が大切となります。
関節や筋肉を傷めたら早めに受診しましょう(1ヶ月以内)。

check_box自費施術

急性・慢性の関節や筋肉の痛みやケガ、ケガの予防やコンディショニングなどの体調管理、体質改善、疲労回復としてのリラクゼーションなどの施術

  • はり灸治療
  • 接骨治療
  • 吸角治療
  • 関節・筋のリリース・バランス治療

はり灸治療は、ぎっくり腰や寝違え、むち打ち症などの急性だけでなく長引く慢性痛、五十肩、カラダの疲れなどのリラクゼーションとしてもオススメしております。

部位別掲載ページ>>傷害・障害トップページ

総合掲載ページ>>サイトマップ

肘のストレッチ

Training

肘のストレッチをしましょう!

NewsLetter

当院で配布しているニュースレターです。腰痛や肩こりの治療や体操方法、健康生活などを載せてお届けしております。

  • 2017年9月号:足裏の痛みとしびれ
  • 2017年7月号:スネの筋肉と運動
  • 2017年2月号:足の冷えと腰痛
  • 2016年12月号:風邪予防と肩こり
  • 2016年10月号:首の体操と肩こりのツボ
  • ※過去のニュースレターは下記リンクから

交通事故の治療

交通事故後のむち打ち、腰痛などの治療でお悩みの方はご相談下さい。

日々是ゆるり絶好日

接骨・鍼灸治療、健康、食べ物、スポーツ、車、音楽などいろいろなことを浅くゆるく書いているブログ

はり灸と接骨施術

施術前のチェックや方針や施術においては物理療法や手技療法、はり灸療法、テーピング・・など様々な治療方法があります。

施術前に大切なこと

施術を始めるには、患者さんからの情報が重要となります。

S.O.A.P
S(Subject)
主観的情報(患者さんとの話や病歴など)
O(Object)
客観的情報(身体の検査から得られた情報)
A(Assessment)
情報からの評価
P(Plan)
治療方針

施術を行う前にまずはお話を聞くことから始め、身体をチェックし問題点から治療内容や方法を決めていきます。

物理療法

低周波通電、微弱電流、温熱療法(マイクロ波、赤外線、遠赤外線など)、腰椎牽引、頸椎牽引、超音波など医療機器を使った治療です。

急性・慢性を問わず使用することができ、痛みや損傷部分などの局所治療だけでなく、痛みに関連する筋・筋膜、経絡などを広範囲に刺激することができ適切に使用することで手技療法をサポートしたり、治りを早くすることを目的に行います。
物理療法は接骨治療だけでなく鍼治療においても痛みを抑えたり治療効果を高めたりすることを目的に鍼に電気を流したり、刺鍼後に超音波を使用したりすることもあります。
※全ての鍼治療で行うわけではありません。

手技療法

関節、筋、筋膜、神経などを刺激して調整し損傷部位や関連部位の機能回復を目的に行っていきます。

手技療法にはマッサージやストレッチ、筋・筋膜リリース、骨格・関節調整(マニピュレーション)など多くのアプローチの方法がありますので、痛みの評価を元に適切な手技を選び行っていきます。

マッサージやストレッチだけでも経絡や経筋と呼ばれる渡洋医学的なアプローチ方法や筋・筋膜ラインと呼ばれるつながりに対して行う方法、リンパ、血行の改善を目的にしたアプローチなど症状や状態に応じて多くのアプローチ方法があります。

手技療法は治療目的だけでなくケガの予防やコンディション管理として、筋肉の疲労回復やバランスを整えるにも有効です。

運動療法

関節運動、筋力運動などですが、膝の痛みや腰の痛みなどには体操や筋力トレーニングを指導しております。

運動や体操、筋力トレーニングは痛みなどの症状に合わせて適切に行うことが大切です。
膝が痛むのに歩けなくなるからとウォーキングをされる方がいますが、症状を悪化させることになりますので注意しなければいけません。
このように不適切な運動は治りを遅らせるだけでなく悪化させることにもなります。
痛みや症状に合わせた運動指導は治るためには大変重要となります。

当院ではストレッチはマッサージと組み合わせた手技療法としても行いますが、運動療法にも含まれます。

はり灸療法

急性腰痛(ぎっくり腰)だけでなく慢性腰痛や五十肩、変形性関節疾患、神経痛のような長引く痛みまで急性から慢性障害まで効果的な治療が行える治療です。

鍼治療のポイントは、痛み原因となっている所を直接刺激できるところです。

その他

南鍼灸・接骨院のイベントアイコン

「始めよう!はり灸」

「身体の疲れと背中のコリに吸角療法」

期間:4月3日(月)~14日(金)
※平日限定

背中~腰部まで背骨に沿って左右5個ずつ計10個
1回 1,000円

「始めよう!はり灸治療」イベントとして行っております。
詳細ページ: イベント2017

Message Board

秋になって少し朝方が冷えてきています。起きる上がる前に少しお布団の中で手足を動かしてゆっくりと起きるようにしましょう。

「ピックアップ!夏のビタミンC」に合わせてフルーツを入れてかき氷を作ってみました。
日々是ゆるり絶好日ブログ:フルーツとかき氷
まだまだ、暑い日が続きますのでレジャーやスポーツでの熱中症やケガに気を付け、カラダのひと休めにフルーツを使ったかき氷はいかかでしょう。

太腿と腰痛vol.02

吸角療法(カッピング)

吸角療法は、吸い玉、カッピングとも呼ばれている施術方法です。
吸い玉を使って皮膚を吸い上げ皮下組織を刺激し血行を良くしたり、老廃物の排泄を高める施術ですが、問題は施術痕が付くことですね。代謝が悪い人ほど施術痕が消えるのに時間がかかります。

治療、コンディショニング、予防に鍼灸治療や接骨治療と組み合わせて施術を受けることができますので、是非、お試し下さい。
>>吸角療法とは!

※東洋医学では、皮膚にキズを付けて汚い血を吸い出す瀉血法もありますが当院では行っておりません。

More

スポーツと膝の痛み:膝蓋腱炎(ジャンパー膝ページアップ

スポーツでの障害!肘の内側に起こる痛み「ゴルフ肘:上腕骨内側上顆炎」ページアップ

スポーツでの障害!膝の内側に起こる痛み「鵞足炎」ページアップ

寒い冬は!PickUp「冷えと肩こりと風邪」

加齢とともに起こる膝の痛み!「変形性膝関節症」

スポーツだけでなく山登りでも起こるアキレス腱の痛み「アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎」

肩が痛くなるとよく耳にするローテーターカフってなに?「肩の痛み」PickUp

スポーツでの障害!肘の外側に起こる痛み「テニス肘:上腕骨外側上顆炎」ページアップ

接骨:アフターケアと予防

ケガや痛みでの接骨治療が順調に進み良好となれば治った(治癒)となりますが、治った後すぐに元通りに動くのをためらったり、なんとなくまた痛みを起こしそうと感じたりすることもあるかと思います。そんな時には、痛みを起こしてしまう前にお勧めするのが接骨施術のアフターケアです。治った後も再発予防にカラダのチェックと施術を行うことで治療施術から予防施術へと引き継いでいきますので不安も少なく日常生活やスポーツに復帰できます。
週1回、月1回など体調に合わせて受けられるところが、治療施術との違いでもあります。

※アフターケア&予防施術につきましては、
自費施術となります。

Hari-Kyu:はり・灸

CLIP:ふくらはぎ

ふくらはぎは、夜寝ていてこむら返りを起こしたり、ちょっとしたことで痙攣したりと痛みを起こす常習犯です。スポーツをしていても肉離れ(筋挫傷)や打撲(打ち身)などケガをしやすいところでもあります。水分補給も大切ですが疲労を溜めないようにハリでリラクゼーションしましょう。

ハリー・ツクツク

内踝から足裏の痛みとしびれ

足根管症候群

歩いたり、運動したりすると内くるぶしから足裏にしびれや痛みが現れ、内踝の後ろ下あたりを押さえると痛みやしびれ感が出る時は足根管症候群かも?
これは、足裏へつながる神経や血管が内くるぶしの後ろ下で圧迫されて痛みやしびれを起こしています。

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)や内くるぶしへの鍼灸治療で筋肉や筋膜をやわらげたり、問題部分の血行を良くすることで痛みを改善させていきます。
※鍼灸治療としては通常の鍼灸施術で鍼灸Ⅱとなります。
※はり灸施術が不安な方は、他の施術も行っておりますのでご相談下さい。

関連記事
ニュースレター2017年9月
足裏の痛みとしびれとハリ灸

CLIP:膝の痛み

太腿と腰痛

coming soon

安全衛生

鍼治療に使用する鍼は、ディスポーザブル(使い捨て)を使用しております。

電気治療に使用するスポンジは、患者さん毎に交換しておりますが、交換できないものにつきましては消毒、拭き取りを行っております。

国家有資格免許

  • 柔道整復師免許
  • はり師免許
  • きゅう師免許
  • あん摩マッサージ指圧師免許