肩関節のストレッチ
南接骨院・鍼灸院ロゴ
運動・体操ーイラスト

肩関節のストレッチ

肩周りの筋肉を伸ばす弛める
トレーニングイラスト

肩周りの筋肉をストレッチ

肩関節は他の関節と比べて接触面が浅いため可動域が大きい反面、関節は不安定となるため関節周囲の筋肉や靭帯によって安定するように支えられています。
筋肉や靱帯のケガや障害、筋力の低下などから安定性が低下し肩関節に痛みを起こすことも多く、筋力トレーニングや柔軟性を高めるストレッチは重要となります。

肩関節と筋肉

肩関節は複数の関節からなる複合体ですが、主となる肩甲上腕関節の筋肉として、ローテーターカフと呼ばれる棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋や三角筋、大胸筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、烏口腕筋、広背筋、大円筋などがあります。

肩関節を動かす筋肉のストレッチ

filter_1四つ這いからのストレッチ

両手、両膝をついた状態からの肩関節ストレッチです。

四つ這いでの肩関節ストレッチ
  1. 両手・両膝をついた姿勢
  2. ストレッチする腕を前に伸ばす
  3. ゆっくりと上半身を床につけるように下げていく

腕を前に伸ばす際は、滑らすように伸ばしていくとやりやすいと思います。

腕を伸ばす方向は前方を基本として、内側、外側、後方と変えることでストレッチされる筋肉も変わります。

運動や体操は、自分の体力、体調に合わせて十分に注意して行って下さい。
毎日、コツコツと続ける事が大切です。

健康ライフ情報

local_libraryニュースレター

local_libraryピックアップ記事