ゆるりと月記 2024
南接骨院・鍼灸院
ブログイラスト

ゆるりと2月記-2024

02-02.2024

立春、節気の変わり目には鍼灸・吸角

お正月から1ヶ月が過ぎました。体調はいかがでしょうか。 2月4日は立春、春の始まりでもうすぐです。元日から様々ことがあり、あまり良いニュースが耳に入ってきませんが、春の訪れと共に暖かな流れに変わっていくといいですね。

節気の変わり目は体調の変わり目でもあります。お正月疲れが残っている人は、筋疲労だけでなく精神的ストレスの解消にも鍼灸、吸角施術はおすすめです。

exit_to_app鍼灸って?
exit_to_app吸角って?

この一曲、「負けないで」

「負けないで」は、1993年1月27日発売のZARDの6作目のシングル曲。
作詞は坂井泉水で、作曲は織田哲郎さんになります。
1993年というと30年も前ですが、この曲を聴いたのは少し前に感じてしまいます。

02-08.2024

三焦経のツボ、関衝、液門、中渚のページをアップ

ツボの詳細をアップするのは久しぶりですが、忘れてしまったわけでなく、詳細を書いてイラストを描いてとなると、慣れない作業なので少し時間がかかってしまっています。
イラストについては、少しバランスが悪い気もしますが・・・

三焦経は指先から始まり少しずつ体幹に近づく流れとなり、肩こり、肩の痛みなどでよく使われるツボも含まれています。
経絡の詳細が終わる頃までには、全体図が描けるように少しずつ進めて行きたいと思っています。

exit_to_app手少陽三焦経一覧

早朝、作成することが多いのですが、少しずつですが日の出が早くなっていますね。

この一曲、「アイ・オブ・ザ・タイガー」

Survivor(サバイバー)のEye of the Tiger(アイ・オブ・ザ・タイガー)は、1982年リリースの楽曲で「ロッキー3」のテーマ曲ですね。
この頃までは、ロッキーは観ました。
走って、駆け上がって、叫ぶ!トレーニングに気合いが入る曲です。
トレーニングのモチベーションアップにはお気に入りの曲ですが、受験生の眠気覚ましにもいかがでしょうか。

02-13.2024(火)

三角筋の痛みと鍼治療をピックアップ

2024年ピックアップ1号「肩を動かす三角筋の痛みと鍼治療~肩痛と鍼治療」を掲載しました。ちなみに今回から表記を変えましたので、少し混乱してしまうかもしれません。

肩の痛みは、腱板や靱帯の損傷など様々ですが、スポーツだけでなく日常生活でも傷めることが多い部位で、50歳を過ぎると肩関節周囲炎、いわゆる五十肩というのも起こりやすくなります。
肩関節は可動範囲が広く、傷めやすい関節でもあるため、関節を支えるインナーマッスルの強化と柔軟性が保てるように普段から運動を心がけましょう。

三角筋への鍼灸治療として、三角筋の圧痛点や硬結点へのアプローチや三角筋上にある経穴(ツボ)も載せていますが、症状に合わせて選穴するので、すべての経穴に鍼灸施術を行うわけではありませんし、肩の痛みは、三角筋だけが問題ではないので、肩甲骨周囲から腕まで広くアプローチしていきます。

今回は、肩の痛みの治療での三角筋をピックアップしてみましたが、掲載の経穴などについても説明を含めて少しずつ更新できればと思っています。

日々是はり灸接骨日和
ピックアップ Vol.05 No.01
exit_to_app肩を動かす三角筋の痛みと鍼治療~肩痛と鍼治療

この一曲、「Breakout」

「Breakout」(ブレイクアウト)は、Swing Out Sister(スウィング・アウト・シスター)楽曲で1986年リリース通算2枚目のシングル。
あの当時、グループ名だけでなく歌声、曲調が気に入っていました。
久しぶりに聴いても変わらずいい感じだと思うのは、私がアップデートしていないためでしょうか。

02-14.2024(水)

胆経の瞳子髎・聴会・上関穴、詳細ベージアップ

足少陽胆経は、頭から足までとても長く続く経絡で、経筋とアナトミートレインのLL(ラテラルライン)の流れは近似しています。

筋・筋膜が注目されたことで、少しずつですが鍼灸の疑問が解明される方向になっているのではないでしょうか。

今回は、胆経の始まり瞳子髎から聴会、上関穴をページアップしました。

exit_to_app足少陽胆経一覧
exit_to_app瞳子髎・聴会・上関穴のページ

この一曲、「タイム・トラベル」

「タイム・トラベル」(作詞;松本隆、作曲;原田真二)は、1978年発売の原田真二さんの楽曲になります。
すごく懐かしいですね。スピッツがカバーしていたようですが知りませんでしたが、フジ2011年のテレビ系連続ドラマ「僕とスターの99日」の主題歌になっていますね。

02-15.2024(木)

肝経の大敦・行間・太衝穴、詳細ベージアップ

各経脈を3穴ずつアップしていますが、やっと足厥陰肝経の始まりのツボまできました。できれが、督脈、任脈まで一気にアップしたかったのですが...

300穴以上あるため先は長いのですが、経穴の再確認だけでなくツボについて深く考える機会にもなっています。

今回は、肝経の始まり大敦から行間、太衝穴をページアップしました。

exit_to_app足厥陰肝経一覧
exit_to_app大敦・行間・太衝穴穴のページ

この一曲、「Subtitle」

「Subtitle」(サブタイトル)は、2022年発売のOfficial髭男dismの楽曲ですね。 フジテレビ系 木曜劇場『silent』の主題歌ということですが、このドラマを観ていないのでドラマと楽曲が重ならないのですが、歌詞を含めていい曲ですね。
昭和世代でK-POPはあまり知りませんが、Official髭男dismは知っています。

02-17.2024(土)

督脈、任脈の3穴、詳細ベージアップ

督脈の長強・腰兪・腰陽関穴と任脈の会陰・曲骨・中極穴の詳細ページをアップしました。

3穴ずつですが、今回で十二正経からやっとですが奇経の督脈と任脈に入りました。この督脈・任脈は、身体の正中を前後に走る経絡となります。

このところ異常に暖かな日が続いているため、気温の変化で体調を崩さないように注意してください。

exit_to_app 督脈一覧
exit_to_app 長強・腰兪・腰陽関穴のページ

exit_to_app 任脈一覧
exit_to_app 会陰・曲骨・中極穴のページ

この一曲、「Neon Moon」

Brooks&Dunn(ブルックス&ダン} は、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージックデュオ。Neon Moonは、1991年の楽曲となります。
アメリカドラマとか映画を観ていると、大きなセダンの車とカントリー音楽がなぜかアメリカを感じます。

健康ライフ情報

local_libraryニュースレター

local_libraryピックアップ記事