傷害・障害

五十肩、四十肩、肩関節周囲炎
と鍼灸・接骨

五十肩(肩関節周囲炎)
と鍼灸・接骨治療

check_box五十肩、四十肩、肩関節周囲炎とは

中高年の人が悩まされる肩の痛みとして「四十肩・五十肩」があります。50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤に明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群とされています。(広義の五十肩)。また肩関節の炎症が関節周囲の筋肉に広がった状態を肩関節周囲炎(狭義の五十肩)と呼ばれています。

check_box五十肩(四十肩)と間違えやすい疾患

五十肩、四十肩という言葉が広く浸透していますので、中年で肩が痛いむと原因が有る無しにかかわらず五十肩(四十肩)と思ってしまいますが、 実際は肩関節周囲の筋肉や腱などのケガが痛みの原因となっていることもあります。
中年以降の肩の痛み=五十肩(四十肩)ではありません。腱や腱板、筋肉のケガ、頸椎の疾患、内臓からの関連痛など症状は似ていますが五十肩(四十肩)ではないものもありあます。

  • 腱板断裂
  • 石灰性腱板炎
  • 肩関節の損傷
  • 上腕二頭筋腱炎
  • 頸椎の障害
  • 心疾患
  • 関節リウマチ
  • 感染症

check_box五十肩(肩関節周囲炎)の経過

五十肩(肩関節周囲炎)の経過として大きく3つに分かれます。

  • 急性期
  • 慢性期
  • 回復期

急性期は運動痛、安静痛、夜間痛などがあり徐々に肩関節の可動制限があらわれ、慢性期では痛みは少しずつ減っていきますが肩関節の可動制限は残り、回復期では痛みは少なくなり可動制限も回復していきます。

回復するまでには1年以上かかることもあり、日常生活には支障がなくても肩関節の可動制限や痛みが残ることもありますので、早期から積極的に治療されることが必要です。

mode_edit肩関節の正常な動きと拘縮 肩関節の動き

肩関節が正常な場合は、腕を横に上げる動作と連動するように肩甲骨も回転していきますが、可動制限(拘縮)があると肩関節の動きが制限されるので、肩甲骨の回転を大きくすることで動きを助けるため、腕は横にあがりますが肩が持ち上がるような姿勢となります。

check_box鍼灸と接骨治療

五十肩(肩関節周囲炎)では、痛みが強くならないようし関節の可動制限を作らないようにすることが大切となります。

mode_edit鍼灸治療

当院のはり治療は、痛みを起こしている部位に行う局所施術と経絡(経筋)や筋・筋膜ラインを含めて施術する通常施術とがあります。

はりの局所施術は、痛みが強く手技療法や運動法に制限がある場合などには、局所施術にて痛みを抑え筋・筋膜をゆるめることで治療を効率よく進めることができます。

慢性期、回復期で肩関節以外に肩甲骨周囲や上腕部、首筋などに痛みやコリがある場合などは、経絡(経筋)や筋・筋膜ラインを刺激し全身バランスを整えることが必要ですので通常施術となります。

mode_edit接骨治療

通電・温熱などの物理療法やマッサージ・ストレッチなどの手技・運動療法を症状に合わせて治療を進めて行きます。

priority_highはり灸治療と接骨治療へのご理解

※ハリ灸施術は自費施術となります。
※接骨治療には自費と保険施術があり、保険施術には適応規定があります。

お気軽にご相談下さい。

More

ハリは怖いですか?

はり施術というと「痛そう」「怖い」「効くの?」色んな反応がありますが、確かに注射針とは違い相当細いとはいえ鍼を身体に刺しますので痛みはゼロとはとても言えません。湿布を貼るようにピタッ!スースー!と気持ちよくなればいいのですが・・。鍼はチクッとはしますが爪楊枝でつつくチクッと同じ感じです。
一番の問題は恐怖心で緊張して痛みが強く感じるのではと思います。
鍼への恐怖心を無くすには経験して頂くしかないのですが・・
皮膚への軽い刺激でも効果がありますので、症状だけでなく鍼の経験も含めて施術をしていきますので、初めての方も安心して受けてみてください。

鍼をすることで得られることもあります。筋・筋膜の緊張が取れて血行が良くなることでつっぱり感や痛みが軽くなってスッキリします。

是非、はり治療にトライしてください。

背中の疲れと鍼灸治療

はり灸治療は、傷めたケガや病気を治す目的だけでなく、リラクゼーションとしても活用していただけます。背中の疲れは筋力の低下や不良な姿勢から来ることも多く、肩甲骨周りに張りやコリが強くなると肩関節の動きに影響してきますので、日頃からコリや張りを作らないことが大切です。

なんとなく疲れて背中や腰が重く感じたら、自宅での体操と併せてハリ灸でリフレッシュ&リセットしましょう。

はり治療deリフレッシュ