HolisticLife

鵞足炎・鵞足滑液包炎:膝の痛みと治療

スポーツなどでの使い過による膝の内側の痛み

鵞足炎・滑液包炎

膝に過度の負担がかかることで起こる膝内側の痛み

鵞足炎・鵞足滑液包炎の図

鵞足(がそく)とは少し聞き慣れませんが、縫工筋(ほうこうきん)・薄筋(はっきん)・半腱様筋(はんけんようきん)の3つの腱が脛骨(下腿の骨)の上部に付着している部分で、ガチョウの足のように広がって骨に張り付いているように見えることから,鵞足と呼ばれています。ここはよく動かすところですので、滑液包というクッションもあり、これが炎症を起こすこともあります。

原因

膝の曲げ伸ばしを繰り返す運動や動作(オーバーユース:使い過ぎ)が一番の原因となります。
これにいろりろな要因が加わることでさらに発症しやすくなります。

  • 筋力不足
  • 体重オーバー
  • X脚
  • 回内足
  • 柔軟性
  • 身体バランス

ランニングだけでなくサッカーや水泳(平泳ぎ)、方向転換を繰り返すバスケットなどのスポーツでは注意が必要です。

症状

運動時や運動後に膝の内側の痛みとしてあらわれたり、下腿の骨の上部内側(膝内側下)の鵞足部に痛みを感じたりします。
太腿の内側の筋肉が硬くなり、鵞足部を押さえると痛みがあり、炎症が強くなると腫れがみられますが、レントゲン検査では骨に異常はみられません。

膝関節が痛む傷害(ケガ)・障害のひとつとして鵞足炎があります。鵞足炎は膝への過度の負担が原因で日常生活の中でも起こりますが、スポーツが原因となることが多く、スポーツの種類や練習内容、体格や筋肉や骨格バランスなど元々の体型以外にもケガからの復帰後での筋力低下や古傷を庇っての動作などが負担を大きくする要因となりますのでカラダのチェックは大切です。

鵞足炎を起こす筋肉

鵞足炎起こす筋肉図

1.縫工筋 2.薄筋 3.半腱様筋 が問題となる筋肉です。これらは膝の内側下(下腿の骨の上部内側)の鵞足部に集中しており、これらの筋肉に負担がかかる動作を繰り返すことで鵞足部に炎症が起こります。また、筋肉の一部が下腿の筋肉と接しており、ふくらはぎの筋肉の動きとも関連しているため、ふくらはぎの筋力とのバランスも大切となります。

痛みの起こり方

鵞足炎がおこる動き図
  • 下腿が外に開く動作になっていないか
  • 足先が外に開く動作になっていないか
  • 足裏の重心が内側に偏っていないか

ボールを蹴ったり膝が内側に入るような動作では、下腿が外に押され膝の内側が伸ばされ負担がかかります。また、ランニングなどで足の先が外にひらいていたり、着地の時に内側に傾いていたりすることで膝の内側に負担がかかってきます。

鵞足炎は脚の使い方や動きに関連していますので、膝の関節へ負担が多くないかチェックして修正することが大切です。

 
 

当院での治療

  • 物理療法
  • 手技療法
  • 運動指導
  • 生活指導
  • 鍼灸施術

物理療法:通電や温熱療法で筋肉や患部を刺激して疲労した筋肉の回復や痛みの抑制を行います。

手技療法:マッサージやストレッチ、筋膜リリースなどの手技を使っての施術です。

はり・灸施術

大腿部や下腿部のツボだけでなく硬くなった筋肉に対して鍼を使い直接的に刺激を行う施術となります。図のように患部を中心に関係する筋肉に対して鍼施術を行っていきます。鵞足炎の鍼灸図

※関節内に深くハリを刺すのではと心配される方もおられますが、当院では関節および関節周辺へのハリ施術は行いますが、関節内へ深く刺すハリ施術は行っておりません。
鍼灸施術

早期治療早期回復が大切です。

カラダと筋バランスと自費治療

保険治療は、症状の改善が目的で改善すれば治癒となりますが、傷めた脚を庇うことで対側の脚や臀部などの筋肉や関節にストレスが溜まっていることが多くみられます。ケガ(傷害)ではないので保険は使えませんが、ストレスを取り除きコンディションを整えてあげることは重要です。
自費施術>>リリース15

予防とコンディショニング

retenセルフチェックと運動

X脚ではないか、靴の踵の減り方がおかしくないか、膝の関節が安定しているか、歩くと足先が外に向きすぎていないか、体重が増えすぎていないかなどをセルフチェックしましょう。

ふくらはぎの筋力低下も要因のひとつです!ちょっと鍛えてみましょう。
ふくらはぎのトレーニング

reten元気な毎日を送るための予防施術

スポーツや日常生活の中での不安を取り除くためカラダのチェックをかねて「はり・灸施術」「接骨施術」を行っております。

retenはり・灸で予防

筋肉を活性させることは疲労を取り、関節を支える力を回復させます。また、血行がよくなりますので筋肉も関節も元気になり悪化を抑えることができます。体操を毎日行うのと同じように予防施術も定期的に受けられることをお勧めします。

reten接骨自費施術で予防

温熱、通電などの物理療法や手技療法を中心に予防施術を行います。

※治療内容は、症状や状態で変わります。
※治療内容には、自費施術が含まれています。
※予防やコンディショニングにつきましては自費施術となります。