「ゴルフ肘」上腕骨内側上顆炎と治療

南接骨院・鍼灸院ロゴ
肘の痛みーイラスト

「ゴルフ肘」上腕骨内側上顆炎と治療

スポーツや日常生活の中で手首を動かしたり、物を握る、提げるなどの手首を使うと肘の内側に痛みを起こす疾患

肘の痛みーイラスト
blur_linear上腕骨内側上顆炎とは

肘関節の内側に起こる痛みで、肘の内側を押しても痛むが手首を動かすと強く痛む肘の痛み。
別名「ゴルフ肘」、ゴルフをプレーする人によく見られるのでこのように呼ばれています。

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
check_box上腕骨内側上顆炎を起こす原因

肘の内側に手首や指を曲げたり、内側に捻ったりする筋肉が多くあり、これが、繰り返し使われたりしてストレスが過剰にかかると損傷して炎症を起こします。

ゴルフのスウィングが不適切であったり、ボールを当てたときやダフった時の衝撃もストレスになります。

テニスではフォアハンドでのストロークの繰り返しであったり、野球では投球フォームの不良にて同じように肘の内側にストレスがかかり痛みを起こします。また、スポーツだけなく物を強く握ったり、手を内側に捻るような動作を繰り返す人にもみられるます。

check_box症状

手のひらを上に物を持ち上げたり、強く内側に捻る動作にて肘の内側に痛みが出ます。肘の内側の腫れや押さえての痛み、肘を伸ばすのもつらい場合があります。

レントゲンでは骨に異常はみられません。

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の症状

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)は、加齢や使い過ぎなどから起こる反復性のケガですが、発症には個人差もあります。手首を動かすと肘の内側が痛む時は上腕骨内側上顆炎が疑われますので、ご相談下さい。

blur_linear手首の動きと筋肉

手のひら側に手首を曲げるような動きは、肘の内側(上腕骨内側上顆)から始まり手首や指先までつながっている筋肉が手首や指を曲げる動作を行いますので、手首を動かしたり、強く握るなどの動作で肘の内側に力が伝わります。このように手首を曲げる、手で物を握るなどの動作を繰り返えすことで、肘の内側(上腕骨内側上顆)と筋肉がつながるとこで壊れて手首を動かすと肘の内側が痛むようになります。

label_outline上腕骨内側上顆炎を起こす筋肉

上腕骨内側上顆炎

mode_edit手首を動かさなくても

手首を動かして過度に負担を掛けることはストレスになりますが、動かさなくても手首を固定するような使い方も痛みの原因となります。
たとえば、ゴルフでで土を叩く行為やテニスのフォアハンドでのボールを打ち返す時の反発力が刺激であったりと筋肉の緊張状態が続くことがストレスとなって発症しますので、手首をよく使うから痛みを起こすとは限りません。

check_box鍼灸と接骨治療

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)は手首の使い過ぎによる肘へのストレスが問題ですので、痛みが起こっている部分を安静にすることが大切になります。この場合は肘の安静だけではなく手首の動きを抑えること大切ですので、スポーツをされている方はスポーツを控えるようにしましょう。また、日常生活での動作でも負担を減らせるよう工夫しましょう。

痛みを我慢していると、筋肉だけでなく関節を支える靱帯まで傷つけ壊してしまったり、痛みのストレスで腕全体の疲労や肩こりにもなりますので早めにご相談下さい。

mode_edit鍼灸治療

除痛や血行改善を目的に肘外側の痛みのある所や痛みを起こしている前腕内側の筋肉を中心に鍼施術を行いますが、繰り返す痛みや肩、背部などの筋緊張バランスが不良な場合はバランスを整える施術を行います。

上腕骨内側上顆炎の鍼施術

exit_to_appはり灸治療とは!
exit_to_appポイントとバランス鍼灸

mode_edit接骨治療

物理療法:低周波通電や温熱療法で筋肉を刺激して疲労した筋肉の回復や痛みを抑えることで症状の改善を促します。

手技療法:マッサージやストレッチなどの手技で過度に緊張した筋肉を弛め上腕骨と筋肉がつながる部分のストレスをやわらげること、筋肉への血行をよくして回復を促すことが目的となります。

症状に応じて施術の効果を高めたり持続させることを目的に、スポーツテーピングを行う場合もあります。

exit_to_app肘から始まる手首を動かす筋肉のストレッチ

priority_highはり灸治療と接骨治療へのご理解

鍼灸施術、コンディションニングにつきましては自費施術となります。

その他のケガ

健康ライフ情報

local_libraryニュースレター

local_libraryピックアップ記事