HolisticLife

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の治療

テニスやパソコンのやり過ぎで起こる肘の外側の痛み

上腕骨外側上顆炎とは

肘関節の外側に起こる痛みで、押しても痛むが手首を動かすと強く痛む肘の痛み。別名「テニス肘」と呼ばれています。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

テニスをプレーする人に多いのでテニス肘と呼ばれていますが、手首や指をよく使う人にも起こります。

原因

手首や前腕の筋肉を繰り返し使う作業、日常生活動作、スポーツ、長時間のパソコンなどが原因となります。これは、手首を持ち上げたり指を伸ばしたりする筋肉が肘の外側部にあるため、繰り返しの過度の負担に加齢などの変化が加わることで、傷つき炎症をおこして痛みが発症します。

症状

物を持ち上げたり、タオルを絞ったりと手首を使う動作で肘の外側に痛みが出たり、肘の外側を押さえると痛みもあります。
安静時には強く痛みませんが、人によっては重い感じや鈍痛を感じることもあります。時に手首を内側に捻るような動作だけでも痛みが出る場合があります。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)は、加齢や使い過ぎなどから起こる反復性の傷害ですが、発症には個人差もあります。手首を動かすとなぜか肘が痛む時は上腕骨外側上顆炎が疑われますので、ご相談下さい。

手首の動きと筋肉

手の甲を持ち上げるような手首の動きは、肘から始まり手首の先あたりにつながっている筋肉を動かして手の甲を持ち上げる動作を行いますので、手首を動かすと肘にも力が伝わります。この動作の繰り返しが肘の所にある骨(上腕骨)と筋肉がつながるとこで壊れて痛みとしてあらわれ、手首を動かすと肘の外が痛むようになります。

手首背屈 上腕骨外側上顆炎
手首を動かさなくても

手首を動かして過度に負担を掛けることはストレスになりますが、動かさなくても手首を固定するような使い方も痛みの原因となります。
たとえば、テニスのバックハンドではボールを打ち返す時の反発力が刺激であったり、パソコンのキーボードを打つ際に長時間の手の甲を持ち上げた状態など、多く動かすだけでなく筋肉の緊張状態が続くこともストレスとなって発症します。

 
 

当院での治療

  • 物理療法
  • 手技療法
  • 運動指導
  • 生活指導
  • 鍼灸療法

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)は手首の使い過ぎが問題ですので、痛みが起こっている部分を安静にすることが大切になります。この場合は肘の安静だけではなく手首の動きを抑えること大切です。※スポーツされる方はスポーツを控えるようにしましょう。また、物を下げる時は手のひらを上にして持ち上げるようにすると負担が減りますので、日常生活での動作でも負担を減らせるよう工夫しましょう。

物理療法:低周波通電や温熱療法で筋肉を刺激して疲労した筋肉の回復や痛みを抑えることで症状の改善を促します。

手技療法:マッサージやストレッチなどの手技で過度に緊張した筋肉を弛め上腕骨と筋肉がつながる部分のストレスをやわらげること、筋肉への血行をよくして回復を促すことが目的となります。

症状に応じて施術の効果を高めたり持続させることを目的に、スポーツテーピングを行う場合もあります。

はり・灸施術(Hari-kyu)

除痛や血行改善を目的に肘外側の痛みのある所や痛みを起こしている前腕外側の筋肉に鍼施術を行います。また、症状や状態に合わせて鍼に低周波通電や施術後に超音波などを行います。

痛みを我慢していると、筋肉だけでなく関節を支える靱帯や滑液包(クッション)まで傷つけ壊してしまったり、痛みのストレスで腕全体の疲労や肩こりにもなりますので早めにご相談下さい。

予防とコンディショニング

retenストレッチとマッサージ

スポーツ(テニス)や仕事などで手をよく使う人は、普段からお風呂上がりにストレッチや腕全体を軽くマッサージをして疲労を溜めないようにしましょう。

reten元気な毎日を送るための予防施術

日常生活の中での不安を取り除くためカラダのチェックをかねて「はり・灸施術」「接骨施術」を行っております。

retenはり・灸で予防

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)は肘関節に起こる局所の痛みですので、痛みが起こってから治療をすることがほとんどで、なかなか予防を目的に施術を受けることは難しいのも現実ですが、上腕骨外側上顆炎を起こすまでには肘だけでなく肩や首、背中などに相当負担がかかっていますので、カラダのコンディショニングとして定期的な鍼施術をお勧めしております。定期的にコンディショニング施術を行う中で、肘に不安があれば酷くなる前に治療することもできますので、お気軽にご相談下さい。

reten接骨自由施術で予防とアフターケア

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)は再発を繰り返すことも多い傷害ですので、症状が改善して良くなったあともアフターケア施術として定期的に施術を受けられることをお勧めしております。

※治療内容には、自費施術が含まれています。
※予防やコンディショニングにつきましては自費施術となります。