apple用アイコン

腰痛と鍼灸・接骨

腰の痛みと鍼灸・接骨治療

check_box腰痛とは

腰痛とは、文字通り腰が痛むことですから外傷も内的要因も含め腰が痛めば腰痛ですので、原因は多くなりますし、複雑に絡み合うこともあります。

check_box腰の痛みを起こす病気

腰痛の症状を起こす病気やケガは多くありますが、主に下記のようなものがあります。

  • 腰痛症
  • 腰椎圧迫骨折
  • 心因性腰痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎分離・すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗鬆症
  • 強直性脊椎炎
  • 子宮筋腫
  • 腫瘍

一般的に多い腰痛として、腰痛症があります。腰痛症には急性と慢性がありますが、急性腰痛(ぎっくり腰)では筋・筋膜の傷害や腰椎や骨盤の関節が原因で痛みが起こります。腰痛は複雑に要因が絡み合っていますので、腰椎椎間板ヘルニアや変形性腰椎症が基礎にあってぎっくり腰になることもありますし、腰椎椎間板ヘルニアがあっても腰痛の症状がみられない場合もあります。
ただ、急性の腰痛であれば、痛みを起こした原因がありますし、腰痛以外の症状があれば内的疾患も含めて腰痛症以外の病気を疑う必要もあります。

check_box急性と慢性腰痛

急性の腰痛は、急性腰椎捻挫・急性腰痛症と言われるもので、一般に「ぎっくり腰」とも呼ばれていますが、スポーツや日常動作の中で何らかの原因で起こる腰部の痛みで、慢性腰痛は3ヶ月を超えて腰痛が治ることなく持続した状態を言います。

「よくぎっくり腰になるから慢性腰痛なんだよね」といわれる患者さんがいますが、繰り返す腰痛と慢性の腰痛は必ずしも同じではありませんので、急性の腰痛を繰り返している可能性があります。

腰痛を繰り返す原因には、姿勢や身体の使い方、脚の関節や筋肉とのバランスなどに問題がある可能性があります。

priority_high腰椎捻挫はどこで起こる?
椎間関節の図

腰椎は5つの椎体が積み重なってできていますが、ただ積み重なっているのではなく前に曲げる、後ろに反る、身体を回すなどの動作を行うためには関節が必要となり、この関節を椎間関節といいます。

腰椎捻挫は腰に前後左右、捻りなどのストレスがかかることで腰椎の椎間関節を中心に周囲の関節包や軟骨、靱帯、筋・筋膜などに損傷を起こした状態をいいます。また、椎体との間にあるクッションが椎間板と呼ばれるものでこれが壊れると椎間板ヘルニアとなります。

priority_high急性腰痛の原因

急性腰痛の原因としてスポーツでのケガのようにはっきりとしたものから日常動作中の些細なことまで色々あります。

  • 物を持ち上げたり、移動した時に腰に痛みを感じた
  • 朝起き上がろうとした時や顔を洗おうと前にかがんだ時
  • 車の乗り降り
  • 物を取ろうと手を伸ばした時
  • 身体のバランスを崩した時
  • 長時間の同じ姿勢から立ちあがる、座るなどの動作をした時
priority_high冷えは腰痛を助長

下肢の冷えは腰痛を助長したり、引き起こす要因となることもあります。
運動不足などので筋力が衰えていたり、下肢が冷えやすい環境や体質であったりする方は注意が必要です。

急性腰痛≒ぎっくり腰:突然の激痛を伴う腰の痛みを思い浮かべてしまいますが、急性の腰痛だからとぎっくり腰のような必ずしも強い腰の痛みが表れるわけではありません。
些細な原因、小さな痛みも繰り返したり、積み重なることで大きな痛みとなりますので、一つ一つしっかりと治しましょう。

check_box鍼灸と接骨治療

急性腰痛だけでなく、以前に傷めた腰の痛みがなかなかよくならない、腰痛を起こしそうで不安であるなど慢性の腰痛や腰痛予防の治療を行っております。
腰痛を繰り返す方は、痛みが起こる前に予防として治療を受けられることが大切です。

mode_edit鍼灸治療

急性の腰痛(ぎっくり腰)、長引く慢性の腰の痛みだけでなく、坐骨神経痛、変形性腰椎症などで起こる痛みにも鍼灸治療は有効です。
鍼灸治療はツボや経絡とよばれるツボの流れやしこり状に硬くなった筋肉を刺激し治療していきますので、腰の痛みに痛みのある所とは離れた膝や足首の近くを刺激する理由です。

mode_edit接骨治療

通電・温熱などの物理療法やマッサージ・ストレッチなどの手技・運動療法を症状に合わせて治療を進めて行きます。

check_box腰痛の予防

腰の急な痛みはちょっとした動作からも起こりますので、普段から身体のバランスを整え鍛えることが大切ですが、疲労やストレスを溜めないようにすることも腰痛予防になります。「腰が張っている」「腰が痛くなりそう」などを感じたら、傷めてしまう前にご相談下さい。

接骨治療には、保険施術と自費施術がありますが、急性の腰痛が保険適用の対象となります。
※急性以外の腰痛や予防施術につきましては自費施術となります。

More

腰の疲れと鍼灸治療

はり灸治療は、傷めたケガや病気を治す目的だけでなく、リラクゼーションとして活用していただければと思います。身体の疲労を取ることはぎっくり腰などの腰痛予防にもなりますし、頑固な腰痛をやわらげることもカラダだけでなく心のストレスを軽くします。

なんとなく疲れて背中や腰が重く感じたら、リラクゼーションはり灸でリフレッシュ&リセットしましょう。

はり治療deリフレッシュ