HolisticLife

膝蓋腱炎・ジャンパー膝の痛みと治療

スポーツで起こる膝の痛み「膝蓋腱炎(靱帯炎)・ジャンパー膝」

ジャンパー膝とは

サッカーやバスケット、バレー、陸上競技などでダッシュやジャンプ、キックなど膝を伸ばす動作を繰り返すことで起こる膝蓋骨周囲の痛み。

どうして起こるのか

ジャンプやダッシュを繰り返すことで起こるスポーツ傷害ですので、多くのスポーツで当てはまります。
太腿の筋肉への過度の負荷や疲労による大腿四頭筋(太腿の前の筋肉)の筋力低下、柔軟性の低下で膝のお皿を中心に痛みを起こします。

痛みの発症部位

ジャンパー膝・膝蓋腱炎の痛み

太腿の前面の筋肉(大腿四頭筋)が膝のお皿(膝蓋骨)を包み込んでスネの骨(脛骨)に付きますが、痛みは膝のお皿(膝蓋骨)を中心に上下あたりに出ます。
①の部分に多く出てきます。

運動中、運動後には膝のお皿周りに痛みを感じたりしますが、押さえたりすると①②③あたりに強く痛みがみられます。

 
 

当院での治療

大腿四頭筋の柔軟性の低下が原因の一つなので柔軟性の改善を行っていきます。
※痛みが強いときは傷めた部位の安静が必要です。

  • 物理療法
  • 手技療法
  • 運動指導
  • 生活指導
  • 鍼灸療法
接骨治療

通電や温熱療法の物理療法、マッサージやストレッチ、筋膜リリースなどの手技療法、テーピングなどで柔軟性の改善や傷ついた筋肉の回復をおこないます。ジャンパー膝のテーピング

はり・灸施術

大腿四頭筋の疲労や柔軟性の低下の改善を目的に大腿四頭筋中央や膝蓋骨周囲に鍼を行っています。また、痛みが長く続いていたり強い場合は、太腿の前だけでなく後ろのハムストリング(膝を曲げる筋肉)にも緊張がみられ膝を曲げ伸ばしする筋肉のバランスに問題がおこることがありますので、状況に応じてハムストリングにも鍼治療を行います。膝蓋腱炎の鍼灸

柔軟性と筋硬結

柔軟性が低下した筋肉には硬いしこり(索状硬結)がよくみられます。柔軟性を回復させるためにこれを取り除いていきますが、はり治療は効果的に取り除くことができますので早期回復にお勧めしております。
鍼灸治療って!

予防とコンディショニング

retenセルフコンディショニング

過度の運動で起こることが多いので、運動後に大腿四頭筋だけでなくハムストリングにもストレッチやマッサージをして筋肉への血行を良くし疲労を溜めないようにしましょう。

retenはり・灸で予防

筋肉を活性させることで血行を良くし疲労を取り柔軟性の低下を防ぎます。パフォーマンスの低下やケガを防ぎベストなコンディションを保つためにも、体操を毎日行うように定期的に鍼治療を受けられることをお勧めします。

reten接骨自費施術で予防

温熱、通電などの物理療法やマッサージ・ストレッチなどの手技療法を中心に予防・コンディション調整を行います。

※治療内容は、症状や状態で変わります。
※治療内容には、自費施術が含まれています。
※予防やコンディショニングにつきましては自費施術となります。

関連ページ