足陽明胃経と経穴
南接骨院・鍼灸院ロゴ
経絡

足陽明胃経と経穴

足陽明胃経と経穴(ツボ)について掲載しています。

  • ST01 承泣(しょうきゅう)
  • ST02 四白(しはく)
  • ST03 巨髎(こりょう)
  • ST04 地倉(ちそう)
  • ST05 大迎(だいげい)
  • ST06 頬車(きょうしゃ)
  • ST07 下関(げかん)
  • ST08 頭維(ずい)
  • ST09 人迎(じんげい)
  • ST10 水突(すいとつ)
  • ST11 気舎(きしゃ)
  • ST12 缺盆(けつぼん)
  • ST13 気戸(きこ)
  • ST14 庫房(こぼう)
  • ST15 屋翳(おくえい)
  • ST16 膺窓(ようそう)
  • ST17 乳中(にゅうちゅう)
  • ST18 乳根(にゅうこん)
  • ST19 不容(ふよう)
  • ST20 承満(しょうまん)
  • ST21 梁門(りょうもん)
  • ST22 関門(かんもん)
  • ST23 太乙(たいいつ)
  • ST24 滑肉門(かつにくもん)
  • ST25 天枢(てんすう)
  • ST26 外陵(がいりょう)
  • ST27 大巨(だいこ)
  • ST28 水道(すいどう)
  • ST29 帰来(きらい)
  • ST30 気衝(きしょう)
  • ST31 髀関(ひかん)
  • ST32 伏兎(ふくと)
  • ST33 陰市(いんし)
  • ST34 梁丘(りょうきゅう)
  • ST35 犢鼻(とくび)
  • ST36 足三里(あしのさんり)
  • ST40 豊隆(ほうりゅう)
  • ST41 解谿(かいけい)
  • ST42 衝陽(しょうよう)
  • ST43 陥谷(かんこく)
  • ST44 内庭(ないてい)
  • ST45 厲兌(れいだ)

「経脈流注」 霊枢経脈篇に曰く、

胃。足の陽明の脉は、鼻の交頞(頞は鼻茎也。両目の中央、低き処)の中に起り、旁ら太陽の脉(晴明)を納る。下って鼻外(承泣・四白・巨膠)を循り、上歯の中に入り、還って出でて口を挟み(地倉)唇を環り、下って承漿(任脉)に交わり、却つて頤後の下廉に循つて大迎に出で、煩車を循つて耳前(下関)に上り、客主人(膽経。上関ともいう)を過ぎ、髪際(懸釐・懸顱・頷厭・頭維)を循つて額顱(神庭。督脉の穴)に至る。

其の支なる者は、大迎の前より人迎に下り、喉朧(水突・気舎)を循り、欠盆に入り、隔を下って胃に属し(上院・中院)、脾を絡う。

其の直なる者は、欠盆より乳の内廉に下り(気戸・庫房・屋翳・膺窓・乳中・乳根)、下って(不容・承満・梁門・関門・太乙・滑肉門)、臍を挟んで (天枢・外陵・大巨・水道・帰来)、気街(気衝)の中に入る。

其の支なる者は、胃口(胃の下口・下院)に起り、下つて腹裏を循り、下って気街の中に至って合す。以て髏関に下り、伏兎に抵り、膝臏(ひざさら)の中に下り(陰市・梁丘・犢鼻)、下って脛の外廉(三里・上巨虚、条口、下巨虚)を循り、足跗(解谿・衝陽)に下り、中指の内間に入る(陥谷・内庭・厲兌)。

其の支なる者は、廉を下ること三寸 (三里) にて別れ(豊隆)、下って中指の外間に入る。

其の支なる者は、附上(衝陽)に別れ、大指の間に入り其の端に出ず。

※鍼灸治療基礎学

ニュースレター記事

ケガや痛み、健康についての情報誌一覧

ピックアップ記事

ツボなど健康ポイントを1つ取り上げて掲載

掲示ウェブ版一覧

院内掲示板をweb版として掲載しています

筋トレ・ストレッチ

トレーニング・ストレッチなど部位別一覧