appleアイコン

吸角・吸玉療法

吸角・吸い玉・カッピングイラスト吸角療法

吸い玉・カッピング

check_box吸角・吸い玉・カッピング

吸角療法は、ガラスやプラスチック製のカップを使い皮膚を吸い上げるようにして皮下の脂肪、筋肉、血管、神経を刺激する治療法です。
また、吸角療法は吸い玉、カッピングとも呼ばれていて、治療だけでなくリラクゼーションや美容目的などにも行われています。吸角・吸い玉・カッピングイラスト2

check_box血行の改善

吸引することで血液の流れを一時的に止めてから流すことにより皮下組織や筋の血液やリンパの流れを改善していきます。

check_box老廃物の排泄

皮下の組織や血管の末端に滞った老廃物の排泄を助けます。

check_box組織の柔軟性

皮下の脂肪、結合組織、筋・筋膜、血管、神経を刺激し柔軟性を高めることは組織を活性させ、皮下組織や筋膜の癒着を取り痛みや体調不良の原因を改善していきます。

吸角療法(吸い玉・カッピング)は、病気やケガの治療だけでなく、予防やコンディショニング、リラクゼーション、美容など健康を回復し増進する目的で受けることができますので普段の生活の中に取り入れて頂ければと思います。

check_box吸角施術へのご理解

吸角施術(吸い玉、カッピング)は、副作用も少なく自然治癒力を高める治療ですが、体外から刺激を行うため施術を受けるにあたりご理解頂きたいことがあります。

皮膚を吸引するため施術部位が赤くなったり皮下出血を起こすことがあります。通常、2日~10日程度で施術痕は消えますが、個人差があり体質によってはまれに痕が残る場合があります。

More

ストレスと吸角

吸角(カッピング・吸い玉)療法は、疲労感、コリ感などの身体のストレスだけでなく、落ち着かない、イライラ感があってスッキリしないなどの心のストレスにもリラクゼーションとしてオススメです。

coming_soon

記事はまだありません。