春は肝、カラダもココロも疲れ気味、運動・鍼灸・マッサージで旬の身体作り

冬から春のカラダ作り

ニュースレター2019年vol.02(Apr.)

色々とカラダの疲れが溜まる時期

春は年度の変わり目ですから、何かと忙しい季節ですよね。
気持ちもカラダも少しリラックスさせて上手く乗り切りましょう。
そのためには、食事、運動、睡眠と鍼灸マッサージがオススメです。

春は肝ってどういうこと?

東洋医学では体の変化を季節と合わせていきます。
春は東洋医学では肝にあたります。肝は気を動かす力、血を作る力に影響しますので、上手く働かないとイライラや不安感などココロが不安定になったり、血の働きが不足して疲れが取れにくくなります。
※西洋医学の肝臓とは少し違いますが、類似するところもあります。

冬から春、カラダも変わり目

冬の体調から春の体調へとカラダも変わっていきます。
冬に溜めたものを整理してカラダの外へと出していくには、食事、運動が重要になりますから、寒い冬から暖かな春に向けて少しずつ睡眠、食事の内容、運動など生活の習慣を切り替え春のカラダを作りが大切。
疲れが取れない、寝てもスッキリしないなど病気ではないのに体調がすぐれない時などは、肝の働きを助けて体調を整える鍼灸施術、マッサージ施術はオススメです。

食事は旬のものを取り入れる

今は昔と違い旬とは関係なく食材が手に入りますが、季節に合わせて食材にも気を配るようにしましょう。その一つが旬の食材を1つは取り入れることです。春を感じながら春のものを食べることは、体にも心にもいいことですから、毎日少しずつでも摂るようにしましょう。

朝はゆっくりと動いて深呼吸

春はイライラや不安が募る季節です。朝の空気を吸いながら春の変わりを肌や呼吸で感じましょう。心をリフレッシュすることは、体の疲れを取るには大切です。ゆったりと朝の空気を吸い込んだあとは、軽く体操や運動で体のリフレッシュをしてみましょう。

カラダを動かして

少しずつ体を動かして滞ったリンパ、血液、気を動かしていきましょう。冬の間、運動をされていなかった方は特に注意して始めるようにして、ゆっくりとした体操から少しい動きの速い体操と筋肉や関節、心臓の負担を考えながら自分のペースで徐々に始めてください。ウォーキング
手軽に始められるウォーキングもオススメですが、これも最初はゆっくりと体の動き確かめて始めてください。15分から30分のウォーキングの中でゆっくりペースと速めのペースを混ぜながら緩急を付けたウォーキングもいいと思います。
※心拍に注意して無理のないように運動は行いましょう。ストレッチ体操もウォーキングも呼吸に注意して行うようにするとリンパ、血液だけでなく気の動きもよくなります。

疲れているのに眠れない

手足の滞ったリンパや血液をマッサージでほぐしながら体操をしたり肩こりがある場合は鍼灸治療がオススメです。春は不安やイライラなどメンタルが原因で疲れが取れない、眠れないということもあります。そんな時は、肝経のツボで太衝や期門などを刺激するようにマッサージをしたり、鍼治療を受けられることをオススメします。

春と肝と目の疲れ

肝は目とも関係していますから、目の疲れは肩こりの症状も現れます。目の周りや首のマッサージだけでなく足先もマッサージするとスッキリします。なぜ、足先なのかを説明するのは難しいのですが、肝を元気にするツボが足先にあると思ってください。

春は暖かくなり元気になっていく季節です。体も気持ちもスッキリと切り替えていくためにも、できるところから少しずつ生活習慣を変えていきましょう。

鍼灸ツボ:期門 鍼灸ツボ:太衝
疲れと肩こりと鍼灸マッサージ

肩こりのマッサージに鍼治療を加えるだけでより深く疲れが取れていきます。鍼灸治療は肉離れや捻挫など関節・筋のケガ、スポーツ障害からリラゼーションまでと幅広く施術方法も違ってきます。疲労性の肩こりでは、コリのある筋肉への浅くソフトな鍼施術となるため不安なく受けられます。肩こり鍼灸マッサージ毎日、元気に過ごすために美味しく食べて栄養を補給するように、施術による栄養補給(サプリメント)が鍼灸マッサージです。

旬の食材と健康
アサリとタケノコの炊き込みご飯

春の旬の食材は、春の疲れに適した栄養が多く含まれ、肝臓の働きをよくしたり、疲労の回復、抗ストレス作用などの栄養が豊富に含まれています。

アサリとタケノコの栄養

アサリにはカリウム、カルシウム、亜鉛、鉄、B12、タウリン、タケノコには亜鉛、アスパラギン酸、パントテン酸、アミノ酸チロシン、食物繊維が含まれています。

あさり、タケノコで作る炊き込みご飯は、海の幸、山の幸を合わせて頂くことのできる料理でサラダや味噌汁を添えて楽しい夕食になります。

アサリとタケノコの炊き込みごはん
この記事もどうぞ

健康を維持するためのスポーツやトレーニング、関節や筋肉のケガによる痛みの治療についてなどを一般の方を対象に書いております。
トレーニングや食事など記事については、体調に配慮して自己責任でお願いいたします。