足の冷えと腰の痛み

冷えからの腰痛にはツボ押し、ストレッチ、ハリと灸

ニュースレター2017年vol.01(Feb)

足の冷えと腰の痛み

脚の冷え症寒い季節は身体が冷え血行が悪くなると筋肉が硬くなったり、引きつったりしてケガを起こしやすくなります。また、冷え性の方は、足を温めるために靴下を重ね履きしたり、カイロを入れたりとなかなか大変ですが、筋肉や血管を元気にするためにもマッサージや体操を根気よく行うことも大切です。マッサージには筋肉のマッサージ、リンパのマッサージ、経絡マッサージと色々ありますが、まずは、自分が気持ちいいと思うマッサージでいいので根気よく行って下さい。
足が冷え関節や筋肉が硬くなると日常生活動作の中でのちょっとしたことから腰痛を起こしやすくなりますが、これは、筋肉がふくらはぎ、太腿、骨盤、背骨と重なり合いながらつながっているため、足の筋肉が硬くなり動きが悪くなると太腿、骨盤とつながった筋肉にも影響してくるためです。腰や骨盤周りのストレッチも大切ですが、太腿やふくらはぎのストレッチや股関節の体操などもしっかりと行って関節や筋肉をほぐしてあげて腰痛を予防しましょう。 お風呂上がりのリラックスタイムやちょっとした空き時間を使って、少しずつでもストレッチ体操をしてみましょう。

始めよう!はり灸

始めようはり・灸治療正月の疲れが肩に背中にと溜まる時ですので、1月の「始めよう!はり灸」は、「背中の疲れと痛み」をテーマに背中のツボ4穴を選んで行いました。 4穴8カ所の施術ですが、はり灸治療は痛みの治療だけでなくスッキリ感のあるリラクゼーションにもなりますので、マッサージとは違ったほぐれ感やすっきり感を感じて頂けたかと思います。 ※「始めよう!はり灸」は期間限定でツボ数も限定して行っていますので、鍼灸治療の経験がない方、少ない方でも気軽に受けられと思います。 ※「背中の疲れと痛み」は終了しいます。

ツクツク話

寒い冬ですから生姜、にんにく、唐辛子などをいれた鍋や煮物でカラダの中から温まる食事であと少し寒い季節を乗り切りましょう。特にインフルエンザにはまだまだ注意が必要です。

この記事もどうぞ

健康を維持するためのスポーツやトレーニング、関節や筋肉のケガによる痛みの治療についてなどを一般の方を対象に書いております。
トレーニングや食事など記事については、体調に配慮して自己責任でお願いいたします。