股関節を鍛えてバランス力アップと腰痛

股関節を伸ばして、鍛えてバランス力アップ

ニュースレター2016年vol.02(Mar)

体を支える股関節を鍛える

日常生活では、座っていることが多く、股関節の前は縮んだ状態ですので、股関節の前を伸ばす体操をしましょう。

立って行う体操ですので脚の筋力が弱い方は、バランスを崩して転倒することがないように椅子などに手を掛けるなどして安全に注意して行ってください。

腰痛(はり・灸)

腰痛の中でもぎっくり腰は突然起こる腰痛ですが、普段からの腰へのストレスが元にあり、ちょっとしたことがキッカケで発症することもあります。
腰や脚にストレスが溜まらないように体操や入浴で体を温めたりして、関節や筋肉のストレスを取ることが予防になりますので体操は腰だけでなく、股関節や脚も行うようにしましょう。

傷めてしまったら長引かせないためにも治療が必要ですが、ひどいぎっくり腰にならないためにも定期的な鍼やコンディショニング施術でカラダのメンテナンスを!

※鍼灸・コンディショニング施術は自費施術となります。

今月の健康
タンパク質と運動

年を重ねるごとに筋力は衰えていきますので筋肉を鍛えることが大切ですが、筋肉を作る栄養である「たんぱく質」をしっかり摂るようにしましょう。
肉類や魚、納豆、卵に多く含まれています。特に卵は栄養バランスのよい食品です。

関連ページ
ツボ

健康を維持するためのスポーツやトレーニング、関節や筋肉のケガによる痛みの治療についてなどを一般の方を対象に書いております。
トレーニングや食事など記事については、体調に配慮して自己責任でお願いいたします。