ニュースレター2016年vol.01

2016年vol.01(2月)

肩周りの体操:肘回し

肘を曲げて肘で円を描くようにする肘回し体操は、肩こりや五十肩、肩関節が硬く動きが悪い方にはお勧めの体操です。

始めは小さくゆっくりと回し、段々と大きく動かしていきます。肩関節の周りの筋肉だけでなく、首筋や背中の筋肉までしっかり動かすことができます。
鏡の前で左右の動きを確かめながら行うと体のバランスもチェックできます。

五十肩(はり・灸)

五十肩は、原因があるものとないものとに分けられます。肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症するもの(広義の五十肩)、関節や靭帯、筋肉の傷害で炎症が起こる肩関節周囲炎が狭義の五十肩と呼ばれます。

五十肩は、強い痛みの後に関節が硬くなり動きが悪くなることがあります。はり・灸は痛みを和らげだけでなく、硬くなった肩関節周囲の組織を弛める効果もありますので、リハビリと併せて行うことでより効果が期待できます。

※鍼灸・コンディショニング施術は自費施術となります。

今月の健康
2月は血圧に注意

急な温度変化は血管に負担がかかるので注意しましょう。血圧は冬は高く夏は低い「冬髙夏低」

1.家の外と中、部屋、トイレ、浴室など寒暖の差には注意しましょう。

2.寒くなると散歩など野外にでることが少なくなり、運動不足になります。外の散歩は控えても部屋の中でできる体操をしましょう。

3.寒いときの温かな食べ物は美味しいのですが食べ過ぎには気をつけましょう。
※お酒もほどほどにしましょう。

関連ページ
肘回し体操

健康を維持するためのスポーツやトレーニング、関節や筋肉のケガによる痛みの治療についてなどを一般の方を対象に書いております。
トレーニングや食事など記事については、体調に配慮して自己責任でお願いいたします。