南接骨院+鍼灸院

リラクゼーションに鍼と吸角とマッサージ

リラクゼーションには鍼灸・吸角とマッサージ鍼灸イラスト

check_boxリラクゼーション

リラゼーションには色々な意味や捉え方がありますが、当院では、体に休息を与えてリラックス&リフレッシュさせることをリラクゼーションとして捉えて施術を行っております。

病気でもケガでもない肩こり、背中の張り、脚の疲れなど体がスッキリとしない、疲労が取れないなど日頃の体やココロのストレスを取り不調を整えることを目的とした施術です。

check_box鍼でリラクゼーション

鍼を患部やツボ、症状に関連する筋・筋膜などを鍼で刺入して治療するのが鍼治療ですが、鍼治療の適用範囲は広く、腰痛、五十肩、腱鞘炎などの関節・筋肉のケガや痛みから神経痛、神経麻痺、リウマチ、アレルギー、更年期疾患などの病気の治療、美容目的の美顔鍼、スポーツコンディショニングなど多くの場面で鍼灸施術は活用されていますが、この中にリラクゼーションとしての鍼灸施術もあります。

はり治療フォト:南接骨院+鍼灸院

リラクゼーションを目的とした鍼では、細く短い鍼を使用しての表皮や筋膜を軽く刺激する方法での施術となります。
カラダとココロをリラックス・リフレッシュすることが目的となりますので、痛みの治療と違い浅く軽い刺激で体表に現れた歪みを整え、鍼施術による集血作用にて血行を改善し疲労によるストレスを取っていきます。

check_box吸角でリラクゼーション

吸角とは、吸い玉、カッピングともいわれていますが、体表にガラス玉のような物を吸い付け皮膚、筋、筋膜、血管などを刺激する治療法です。
吸角も鍼灸、マッサージ同様に治療目的からリラクゼーション、美容まで幅広く使われます。

吸角、吸い玉、カッピング

link吸角・吸い玉、カッピングとは

check_boxマッサージでリラクゼーション

病気やケガを治し機能を回復させるための治療を目的としたマッサージとは異なり、リラゼーションを目的に疲れた筋肉をほぐし、整え、血行を良くすることでリラックス・リフレッシュさせるマッサージです。

疲労は体だけでなくココロにも起こりカラダのストレス、ココロのストレスとなって病気やケガの原因にもなります。
マッサージを受けられる目的のひとつとしては疲れたカラダ、ココロから疲労によるストレスを取ることで、ストレスを解消することは病気やケガの予防となります。

check_boxリラクゼーション鍼・吸角マッサージ

鍼、吸角とマッサージでリラクゼーションをより効果的に!

鍼、吸角治療とマッサージの相乗効果でリラックス・リフレッシュ感が高まり疲労やストレス解消にはオススメの組み合わせです。

local_hospital当院でのリラクゼーション鍼マッサージ
  • リラクゼーション鍼マッサージ
  • リラクゼーション吸角マッサージ

リラクゼーションを目的とした鍼・吸角・マッサージで鍼とマッサージ、吸角とマッサージの組み合わせでの施術となります。

現在は肩こりを中心の施術項目となっておりますが、腰から下肢などの施術も起こっていく予定です。

linkリラゼーション鍼・吸角マッサージ施術料金

local_hospitalサプリメントやクスリを摂るように鍼灸・吸角・マッサージを身近に!

鍼灸・吸角・マッサージ施術は、病気や障害・傷害などのケガの治療や病気、ケガの予防、健康、美容などクオリティライフを高める施術など幅が広く、美容健康のためにサプリメントを摂ったり、ケガや病気を治すためのクスリ飲んだりするように日頃からの体調管理や治療に鍼灸・吸角・マッサージ施術は活用できオススメできます。

local_hospitalひどい肩こり、腰痛には治療が必要

リラゼーション施術は、疲れなどのストレス解消にはオススメしますが、痛みがあるひどい肩こりや腰痛には、リラゼーションよりも治療が必要です。
なかなか良くならないコリ感やつっぱり感、痛みやしびれ、強い冷えがあれば筋・筋膜、関節などの原因や体調、体質などの内的原因を取り除く治療としての鍼灸、マッサージ施術をオススメします。

More

鍼免許と灸免許

はり灸治療は、鍼治療と灸治療を合わせた言葉です。こんなことを書くには理由があります。それは、はり灸免許ではなく鍼免許と灸免許は別々の免許ですので、それぞれ取得する必要があります。ですから、鍼院、灸院という治療院も存在する可能性がありますね。

ハリは怖いですか?

はり施術というと「痛そう」「怖い」「効くの?」色んな反応がありますが、確かに注射針とは違い相当細いとはいえ鍼を身体に刺しますので痛みはゼロとはとても言えません。湿布を貼るようにピタッ!スースー!と気持ちよくなればいいのですが・・。鍼はチクッとはしますが爪楊枝でつつくチクッと同じ感じです。
一番の問題は恐怖心で緊張して痛みが強く感じるのではと思います。
鍼への恐怖心を無くすには経験して頂くしかないのですが・・
皮膚への軽い刺激でも効果がありますので、症状だけでなく鍼の経験も含めて施術をしていきますので、初めての方も安心して受けてみてください。

鍼をすることで得られることもあります。筋・筋膜の緊張が取れて血行が良くなることでつっぱり感や痛みが軽くなってスッキリします。

是非、はり治療にトライしてください。

吸角療法(カッピング)

吸角療法は、吸い玉、カッピングとも呼ばれている施術方法です。
吸い玉を使って皮膚を吸い上げ皮下組織を刺激し血行を良くしたり、老廃物の排泄を高める施術ですが、問題は施術痕が付くことですね。代謝が悪い人ほど施術痕が消えるのに時間がかかります。

治療、コンディショニング、予防に鍼灸治療や接骨治療と組み合わせて施術を受けることができますので、是非、お試し下さい。
>>吸角療法とは!

※東洋医学では、皮膚にキズを付けて汚い血を吸い出す瀉血法もありますが当院では行っておりません。

鍼は使い捨て

当院では、はり治療に使用する鍼は使い捨て鍼(ディスポーザブル鍼)です。

使い捨て鍼はこんな感じ!

お問い合わせ

  • 〒441-8122
  • 豊橋市天伯町字春日野104-2
  • 0532-46-6600
  • 南接骨院+鍼灸院