ピックアップ記事:南接骨院+鍼灸院

HolisticLife

PICK_UP-2017vol.04

「暑い夏はビタミンC:ビタミンCはこんな働き」

暑い夏はビタミンC

カラダの中から元気に!
2017-vol.04 July

夏は暑さで身体への負担も大きく体力を消耗しやすい季節です。また、日差しも強いので肌もダメージを受けやすく運動後の栄養補給はとても大切です。
元気に夏を過ごすためにもビタミン不足にならないように少し気を遣って摂ってみましょう。

ビタミンCはこんな働き
  • 美肌
  • 免疫力アップ
  • ストレスへの抵抗力
  • 有害な活性酸素の抑制(抗酸化)
  • コラーゲンの合成
美肌のために

日差しも強く汗をかく夏は、肌への刺激が大きいのでシミやソバカス、肌荒れなどの肌のトラブルを防ぐためにビタミンCを摂りましょう。

抵抗力

暑い夏は体力を消耗しやすい時、カラダへの肉体的ストレスや精神的ストレスが続くと抵抗力も下がり病気に罹りやすくなりますので、ストレスへの抵抗力や免疫力を高めるビタミンCを積極的に摂りましょう。

コラーゲンの合成

コラーゲンは皮膚、粘膜、骨、腱などカラダのいたるところにあり基礎になります。ビタミンCはコラーゲンの合成にはとても重要な働きをしていて、コラーゲンが不足すると肌や骨などの老化の原因となります。
夏場に関わるず元気に健康的な生活を送るためにも不足のないように摂る必要があります。

ビタミンCを摂る

しっかり食べて体力を付けたいとこですが、夏場はあっさりした食事になりがちですので「野菜や果物を冷凍すると栄養価が高くなるものもある」という研究結果(イギリスのチェスター大学)もあるようですから夏場、ガッツリ食べられないときは冷凍野菜や冷凍フルーツを使ったレシピもいいかもしれません。

体内で作ることのできないビタミンCは水溶性で、摂取→消費→余剰は排泄となりますので、毎日少しずつでも摂ることが大切です。
毎日の食事に野菜や果物を摂るように心がけましょう。また、食事のバランスに不安な方はサプリメントを飲むのもいいかもしれません。
体に良いからと摂りすぎには注意しましょう。

関連記事