ピックアップ記事:南接骨院+鍼灸院

HolisticLife

PICK_UP-2017vol.01

「お正月太りと疲れ:身体も胃腸も動かしてみる」

お正月太りと疲れ

身体も胃腸も動かしてみる
2017-vol.01 january

 お正月も過ぎて少しずつ生活ペースが戻っていきますが、お正月に増えた体重や疲労はなかなか元には戻らないで困ってしまうのが新年1月ですね。
年末は忙しく身体を動かし、年始はあれこれと食べて胃腸を動かして身体も胃腸も少々疲れ気味になっています。

腹式呼吸でお腹を動かす

 食べ過ぎと運動不足でお腹周りが最も気になるところですので、椅子に座った状態で行う腹式呼吸で、腹筋を使う運動をしてみましょう。
腹式呼吸でお腹を動かすことで胃腸も刺激さますので、胃腸の疲れも取れ便秘の改善や予防にもなります。腹式呼吸※背筋を伸ばしてウエストに手を置いて、ゆっくりと息を吐きながらお腹周りを絞るように息を吐いていきます。この時、頭が上方向に伸び上がっていく感じで息を吐くとよりウエストが引き締まります。>>体操詳細

腰を反らして腹筋を伸ばしてみる

 座ってばかりいて縮んだ腹筋や股関節をストレッチで伸ばしていきます。お腹を引き締めるだけでなく、股関節を伸ばすことで腰と脚をつなぐ筋肉をストレッチして腰の疲労を取り、腰痛の予防にもなります。腰反らし体操

関連記事