ピックアップ記事:南接骨院+鍼灸院

HolisticLife

PICK_UP-2016vol.08

「冷えと風邪とツボ:ツボを押さえて風邪予防」

冷えと風邪とツボ

2016-vol.08 Nov

冷たい風が吹き始め寒さを感じると風邪の季節です。予防には手洗いとうがいは重要ですが、元気なカラダを保つことも大切です。
肩が凝る、背中が張るなど疲れが溜まると風邪をひきやすくなります。風邪の予防にツボを押さえたり温めて風邪を予防しましょう。

肩こりは風邪のもと

 スマホやパソコンなどで長時間同じ姿勢をしていたり、首や背中を冷やしたりすると筋肉が硬くなって肩こりや背中の張りが強くなりますので、保温や適度な体操で筋肉を温め弛めてあげましょう。

ツボを押さえて肩こりと風邪予防

風邪の予防としてのツボはいくつかありますが、その一つとして「風門」があります。風門は風邪が侵入するところといわれていて、肩こりのツボでもあります。
ここが肩こりなどで硬くなると風邪をひきやすくなるので、このツボを押してほぐしたり、お風呂やカイロなどで温めてあげましょう。

ツボ:風門

風門:首を前に曲げて飛び出る背骨の突起を目印に下に2つ目と3つ目の突起の間から指3本程外の辺りになります。

睡眠・栄養もしっかり

うがい・手洗いは基本ですが、睡眠や栄養をしっかり摂ることは風邪の予防になります。栄養を摂る=たくさん食べるではありません!ビタミン・タンパク質などの栄養素をバランス良く摂ることであって、食べ過ぎは肥満になってしまいますので注意して下さい。

肩こりの解消にHari-kyu

肩こりの解消は風邪の予防にもなります。はり灸施術で肩こりもスッキリ!なんとなく肩が凝るからつらい肩こりまで、お気軽にご相談下さい。

関連記事