外傷・障害

足関節のスポーツ外傷・障害

情報ボックス

More

足関節の痛みと鍼灸

足関節捻挫では固定と安静が大切ですが、靱帯の損傷以外に足首を動かす長・短腓骨筋、前脛骨筋などの筋肉に痛みを起こすことがあるため、鍼灸施術では患部の腫れが治まる期間に、関連する筋肉の痛みや緊張を取り除くことで筋バランスを整え早期回復を促していきます。

スポーツと鍼灸マッサージ

スポーツではパフォーマンスを高めたりケガの予防のためのコンディショニングは大切です。

日々の練習での筋疲労の回復や体調管理、ストレスの多い筋・筋膜、腱などの鎮静や改善など局所の治療や運動動作に連動する体幹や関節周囲の筋に対してのバランス調整など鍼、マッサージ施術で整えていくことでパフォーマンスを高めたり、ケガの予防としてもオススメできます。
また、ケガは治ったが競技復帰には不安がある場合は、リコンディションニングとして鍼灸・マッサージはオススメできます。