足関節のスポーツ外傷・障害

南接骨院・鍼灸院ロゴ
ケガ足ーイラスト

足関節のスポーツ外傷・障害

スポーツ外傷では競技の種目、年齢や性別により様々なケガや障害が発生します。
足関節に発生する痛みや違和感などスポーツで発生しやすい代表的な外傷・障害をピックアップしてあります。
※不明な点についてはご相談下さい。

ケガ足ーイラスト
blur_linear足関節の構造

足関節は、距腿関節、距骨下関節を含めて1つの複合体となっています。

  • 距腿関節:脛骨・腓骨と距骨で作られる関節
  • 距骨下関節:距踵関節とも呼ばれ、距骨と踵骨で作られる関節
足関節の構造

足関節は、指の関節のように伸ばす、曲げるというシンプルな運動ではなく底屈、背屈、回内、回外、内転(内旋)、外転(外旋)運動ができ、これらを組み合わせた動きとして内返し、外返し動作を行います。
骨の数も多いので関節の数も多く、関節の動きを支持制御する靱帯も多く存在します。

足関節の重要な靱帯

関節の靱帯はどれも重要ですが、主な靱帯を挙げてみました。

  • 外側:外側靱帯(前・後距腓靱帯、踵腓靱帯)、二分靱帯(踵舟靱帯、踵立方靱帯)
  • 内側:三角靱帯(前・後脛距靱帯、脛踵靱帯、脛舟靱帯)
blur_linear足関節に発生する主なケガ・障害

スポーツなどで足関節 に痛み、違和感、不快感がある方は単純な筋肉痛、筋疲労でない場合もありますので参考にして頂ければと思います。
ここでは、ケガ・障害を簡潔に説明してみました。詳細については、今後、外傷・障害別での掲載を予定しています。

check_box足関節捻挫

足関節の捻挫は、内反捻挫と外反捻挫があります。

内反捻挫は内返し状態で強い力が加わり、足関節の外側にある靱帯にストレスが加わり損傷します。

外反捻挫は外返し状態で強い力が加わり、足関節の内側にある靱帯にストレスが加わり損傷します。

足関節捻挫のイラスト

※足関節の捻挫では、外反捻挫よりも内反捻挫が多く発生します。

発生原因としては、ジャンプ後の着地時、急な方向転換、不安定な所での歩行などで発生の原因は多様なため、受傷機転(受傷したときの状況)がとても重要になります。

足関節捻挫では、靱帯の損傷の程度で1週間から8週間以上の治療期間が必要になることもあります。
競技中の捻挫であれが、RICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)を行うようにしましょう。

info症状

患部の痛み、腫脹(腫れ)、皮下出血(内出血)、関節の動揺(不安定)など

check_boxアキレス腱断裂

スポーツにおいては、ジャンプ、踏み込み、バックステップなどの動作で下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)に急な伸ばされる力が働くことで腱の断裂が発生しやすくなります。若年者ではオーバーユースによる炎症、中年以降では加齢による腱の変性が要因とされ、筋の柔軟性の低下や運動不足が影響していると考えられています。

受傷時の状況が大切で、スポーツ活動中にアキレス腱を殴られた、蹴られたなどの強い衝撃を受けたり、バチッと切れた断裂音がしたなどの自覚がある症例が多くみられます。

info症状

局所の腫脹(腫れ)と断裂部の陥凹、底屈力の低下

check_boxアキレス腱炎・周囲炎

アキレス腱およびその周囲組織に炎症を起こした状態。
陸上競技、バレーボール、体操など足首の底屈動作を繰り返すストレスからアキレス腱への負担が増えて発症します。また、ふくらはぎの筋肉の柔軟性の低下、靴や不安定な地形での運動なども関係していきます。
受傷機転や状況、競技種目、練習・試合のスケジュールなどは重要な判断の材料となってきます。

info症状

歩行時やつま先立ちでの痛み、アキレス腱部の圧痛、熱感、腫脹など

linkアキレス腱炎・周囲炎と鍼灸・接骨治療

check_boxその他の外傷・障害

外脛骨障害:足の内側(土踏まず側)の骨性の隆起部分の痛み
有痛性三角骨:距骨の後方にできる過剰骨で、外果の後方でアキレス腱前方に疼痛があらわれ同部に圧痛を認め、足関節を底屈すると痛みを感じます。

※参考:スポーツ東洋療法、ボディナビゲーション

check_boxおわり

足関節の捻挫は、スポーツだけでなく日常生活でも経験することが多いケガの一つで、ケガの程度が軽いとそのまま競技を続けてしまいがちですが、悪化させないためにも安静、加療は必要です。
足首周りのケガは膝や股関節にも影響がおよぶため、痛みや不安を感じたらケアとチェックをしましょう。

痛みや運動痛、違和感、不安を感じたら早めに病院で検査を受けられるか接骨院、鍼灸院にご相談ください。接骨院、鍼灸院では、ケガの状態を確認し検査が必要であれば病院のご紹介や病院での検査結果をもとに治療を進めていくこともできます。
※骨折、脱臼後のリハビリ施術には医師の同意書が必要となります。
お気軽にご相談ください。

その他のケガ

健康ライフ情報

local_libraryニュースレター

local_libraryピックアップ記事